乾燥肌に馬油

昨日のフリマはなんとか天気ももちこたえ、私も体調を崩したのですがなんとか回復し、無事おわりました。
30ブースほどの小さなフリマですが、ハンドメイド品を出品しているのは私たちだけだったので、足を止めて見てくれた人もたくさんいました。
不用品が数百円足らずで並ぶ中、ハンドメイド品の値段はすごく高く感じられたはずですが、「かわいい~」と買っていただけたのはうれしかったです。

次は自分のものでもゆっくり縫いたいです。



今日は息子のお肌の話です。
うちの子供たちはアレルギー体質で、特に下の息子はひどいです。生まれたときからひどい乳児湿疹、タマゴ牛乳アレルギーでかゆみがひどくいつも体中ひっかきキズ。
2才からは食物は大丈夫になりましたが、極度の乾燥肌は治らずで毎年秋になり空気が乾燥しはじめると、体中がさがさになりかゆみで夜何度も起きてしまいます。
小児科では診きれないど皮膚科を紹介され、全身に強いステロイド剤を塗らなくては過ごせないような状態でした。
それが10月ぐらいから蒸し暑くなる6月終わりぐらいまでつづきます。真夏は湿気があるから
調子はよくなるのですが。
今年も9月が終わり風が秋らしくなってきたあたりからいつものように、かさかさしはじめました。

「あー又この季節かぁ。」とブルーになっていたのですが、たまたま行った大阪駅構内の九州物産のお店でこの馬油をみつけました。


f0119244_17302725.jpgf0119244_17303786.jpg













これはまた息子が赤ちゃんだった頃にうちの母がデパートの九州展で見つけて送ってくれたもので、なかなかよかったのですが、通販でしか買えないので、いつしかわすれていました。

もう一度使ってみようかな、と軽い気持ちで使い始めたのですが、なんだか調子がいいのです。
お風呂上りと朝起きてからキュレル(curel ドラッグストアに売っている花王のローション)を全身に塗って保湿し、そのあとこの馬油をとくにかさかさしているところに縫っています。
秋口に悪化し始めていた肌が、すこしづつやわらかくなり、かゆみもおさまってきて体の赤みやかきむしりの傷がどんどんなくなってきれいになってきました。

もちろん、この馬油のおかげだけではなく、キュレルがよかったのか、たまたま成長して皮膚も強くなってきた時期に当たっただけなのかよくわかりませんが、、、
ただ、私のお友達も「これは新生児にも大丈夫」とおむつかぶれに使ってましたし、IKKOさんもお休みの日はお化粧せずに馬油だけ縫って肌を休めるって何かで読みました。
とにかくかゆいのは見ていてもつらかったので、少しでもよくなってほっとしています。

もし、同じような悩みの方に参考になれば、とおもいます。
もちろん、肌に合わない方もいらっしゃると思いますので、ほんの少量で試してみてくださいね♪

「人吉農産」という会社のものです。
[PR]
by natsuminarin | 2007-11-12 17:17 | 日々のこと