母のつくったもの。

12月も半ばを過ぎ、いつもに増してバタバタと過ごしています。

息子の幼稚園のクリスマス礼拝、お友達とのクリスマス会、忘年会。。。飲む機会も増えちゃって^^;


そんな中、母から届いたクリスマスプレゼントです。

f0119244_22352168.jpg



ハーダンガー刺繍のクリスマスタペストリー。

ハーダンガー刺繍は北欧ノルウェーで生まれたものだそうで、ドロンワークという糸抜き刺繍が中心です。


f0119244_22334675.jpgf0119244_2234065.jpg












普段は地布と同じ色の刺繍糸でつくることが多いのですが、クリスマス用ということで
華やかなクロスステッチを入れてくれました。

ドロンワークを施した部分にビーズを付けてあります。


本当に細かい作業で、気が遠くなりそうですが、以前に出産で里帰りをしていた時に教えてもらったら、結構はまりました。

母曰く、針と刺繍糸さえあればちょっとの時間でもできて、ミシンも要らないから場所も取らなくていい、とのこと。
布の山を築くこともないみたいです。

私も老後はミシンをダダーっとかけるのは卒業して、心静かにちくちく針を動かしてみたいものです(無理っぽい?)


お次は私の作ったもの。


息子はカトリック系の幼稚園なのでクリスマス礼拝というキリスト生誕劇がメインイベントです。
そういえば娘のときは張り切ってワンピースを作ってあげたなあ。。。(コチラ

1日目に礼拝を終えたお隣のクラスを見てもみんなちょっと気合いが入っていたので、やばい、着せるものがない!とあわてて作りました。

f0119244_2324253.jpg


ちょうどこの日に届いたhibiさんのタートルフードです。
雪模様のジャガードで。
簡単なのに、リブの長さとかに工夫があって、お気に入りのパターンになりました。

f0119244_2351134.jpg


ズボンはKBBさんのブーツカットカーゴパンツです。黒のコーデュロイで。
少しストレートに近いラインにしました。

うーん、シックな感じにできて満足です^^


生誕劇では学者の役で、堂々と大きな声でセリフを言っていました。
年少のときは、歌も歌わず、ダンスもせず、運動会もずーっと端っこで座っていたのに、大きくなったなぁと、またまた涙線が緩んでしまいました。
[PR]